スポーツカーに乗った介護士

僕の知り合いに介護施設で働いている少し小柄な女性がいるのですが、その人はかなりスポーツカーが好きで、トヨタのハチロクが発売されたときは真っ先に購入していた

値段は結構高かったというのは、待ちに待った1台だったようで彼女は喜んで毎日のドライブを楽しんでいた

しかしあんなかっこいいスポーツカーからあんな小柄で弱そうな女性が出てきたらちょっと驚いてしまう、ギャップがすごいといえばすごいのだが別に誰に何と思われる構わないと本人も気にしてはいなかった

しかしそんな彼女の車も当て逃げにあい今は修理工場に入っているようだ。これで私の愛車も事故車扱いになってしまうかと嘆いていたが一生乗り続けるつもりだから構わないと泣きながら笑っていた

何でも彼女は昔からスポーツカーがとにかく好きで日産のGT-Rかフェアレディzを買いたいとずっと思っていたようだ。その中トヨタからこのハチロクが復刻されることになりこれは買うしかないと勢いで買ってしまったそうです。

こういう車に対して憧れがあるとなんだかうらやましく感じてしまう。僕自身は特に車にこだわりもなく極端に言えば動けば何でもいいという感じで乗っているからこういった感覚は正直僕にはないみたいだ

しいて欲しいというならばキャンピングカーが欲しいな。

ホンダの車は魅力的だ

前々から思っていたんだがホンダの車というのは車好きにはとってはなんとも魅力的な車が多い。

私の意見であるが安定のトヨタ、車好きの本田、マニア向けの日産とこんな感じの印象を受けている。

以前からバイクにも載っていた身としてはホンダの車に愛着があるのは当然だが、1番とティラナホンダのフィットでもなんだかかっこよく思えてしまう

似たような車にトヨタのヴィッツ、日産のマーチなどいろいろあるが僕が選ぶのはやっぱりホンダのフィットである。

そのフィットにハイブリットやフィットシャトルといった色んな車は販売されているが、どれを買おうか迷ってしまうくらいだ。人気のことを考えると軽自動車を買おうかかなり迷っていたが、今のヒットはリッター20キロ以上街乗り走れる。

以前は軽自動車に対してちょっと安全性に疑問があったが今はそれほどでもない、しかしエンジンが660 ccという小ささに不安を覚える。

トヨタの車も魅力的ではあるがなんとなく今のところホンダしか買う気は無い。なんでだろーかちょっと運転に挑戦したいなーという気持ちがあるのかもしれない。

それと好きなのはホンダのcmだ。あれはいいかなり気に入ってしまった。

ハイブリットカーの維持費は結構掛かる

今の自動車業界で燃費がいい車はハイブリットカーだという考えはかなり定着してきている。

カタログでの数字だが40km/lに届きそうな低燃費の車もあるくらいだ。しかし、年間の維持費となると燃費だけじゃなくて自動車税や保険料、それと車体価格が大きく影響する。

ハイブリットカーはとにかく燃費がいいんだが車体価格が高い。これは相当車を使う人じゃないと燃費だけでこの価格差を埋めるのはかなり難しいのではないか。

比べて最近の軽自動車は燃費や車内の空間の広さなども目覚ましい進歩を遂げている。数年前の小さくて乗り心地が悪くて、燃費が良くない軽とは全然違っている。とにかく維持費を考えた時に単に燃費がいいからハイブリットカーというのはちょっと待った方がいい。

コンパクトカーよりも軽自動車の方が家庭環境によっては断然乗りやすいし、使い勝手が良い場合が多いのだ。それと車を買う時に注意して欲しいのが今乗っている車をディーラーの下取りに出してはいけないという点。

とにかく安く見積もられるし、損をする場合がほとんどだ。複数の専門業者にしっかりと買取の見積もりをしてもらい、一番高い値段で買ってくれる業者に売るのが賢いやり方である。

車種とタイミングによっては30万円以上も変わってくることも珍しくないから試して欲しい。